歯科用K18買取価格

歯科用K18買取価格

本日の歯科用K18買取価格

2019年04月16日

¥28,337

前日比買取価格-19円

  1. 2019年04月17日
  2. 2019年04月15日

相場情報

2019/04/1618:10現在の金・パラジウム・為替相場

18:10現在の金相場は1トロイオンス1285.60ドル、パラジウムは1346.95ドル、為替は1$111円93銭前後の値動きで推移しております。

2019/04/16国内金相場は前日相場同様に小幅安となったほか、パラジウムも値を落とし反落。

【金相場】週明け15日のNY金相場は、米中通商協議を巡る楽観的見方や中国の良好な経済指標を受けて売りが優り反落中心限月の6月限は1トロイオンス1291.30ドル(-3.90ドル)と、マイナス圏に転じて取引きを終了。ムニューシン米財務長官はインタビューで、中国との貿易協議は「大きく前進した」と表明。これを受けて、米中貿易協議が妥結に向けて前進しているとの思惑が広がったことなどから、安全資産とされる金には売り圧力がかかり序盤より安寄りした。また、投資家の過度なリスク回避姿勢が後退した事も金買いを手控える要因となった。ただ、外国為替市場でドルが対ユーロで弱含みに転じると、割安感からの買い支えも入り下値は限定的だった。

国内の金相場は、売り優勢となった週明けのNY相場を映して小幅安。買取ベースでは1gあたり4,965円(-5円)と、前日相場同様に横ばいながら小幅に値を下げ、続落となりました。

《直近10日間の金相場価格推移(買取)》

04/16  4965円 (-5円)

04/15  4970円 (-2円)

04/12  4972円 (-33円)

04/11  5005円 (+4円)

04/10  5001円 (+9円)

04/09  4992円 (+17円)

04/08  4975円 (-1円)

04/05  4976円 (+14円)

04/04  4962円 (+14円)

04/03  4948円 (+10円)

直近10日間の金相場平均価格:4,977円/g


【パラジウム相場】週明け15日のNYパラジウム相場は、軟調となった他貴金属の値動きや、株安が意識されて反落。中心限月の6月限は1トロイオンス1334.70ドル(-15.50ドル)と、マイナスサイドに転じて取引きを終了。この日は前週末の上昇を受けて、序盤より利確売りが先行し小安く推移した。また、未明に進んだドル高や、金など他貴金属の軟調さも意識されたほか、米国株の下げも材料となり売り優勢の展開となった。途中、ドル高一服や、米国株が下げ幅を縮小する場面では買い戻される場面もあったが、大きな上昇には繋がらず、そのままマイナス圏で取引きを終えた。

国内のパラジウムは、マイナスサイドに反転した週明けのNY相場を映して反落。買取では1gあたり5,254円(-33円)と、マイナス圏での値動きとなりました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

04/16  5254円 (-33円)

04/15  5287円 (+22円)

04/12  5264円 (-43円)

04/11  5308円 (+21円)

04/10  5287円 (-21円)

04/09  5308円 (+21円)

04/08  5287円 (±0円)

04/05  5287円 (-108円)

04/04  5395円 (-75円)

04/03  5470円 (+5円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:5,315円/g


11:40現在の金相場は1トロイオンス1290.65ドル、パラジウムは1345.90ドル、為替は1$112円01銭前後の値動きで推移しております。

2019/04/16本日の金パラ価格相場

GC キャストウェル M.C.の買取価格49,250円(-150円)、その他の12%金パラの買取り価格は49,050円(-150円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1146円(-6円)と、本日地金の金が前日同様に横ばいながら小幅安で推移したほか、パラジウムもマイナス圏に転じ反落した事から、金パラも前日の上げを戻し反落となりました。

現在、日相場の価格変動が激しくなっており、場合によっては乱高下する事も御座いますので、ご売却検討の方はリスクを極力回避して安全にご売却下さい。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

2019/04/16本日の地金相場-金・パラジウム・銀・プラチナ価格

本日の地金は買取ベースで金4,965円(-5円)、パラジウム5,254円(-33円)、銀57.46円(+0.32円)、プラチナ3,420円(-14円)と、国内貴金属は銀を除いてマイナス圏へ。金は週明けのNY相場が小反落したことを映して、国内でも前日相場同様に横ばい圏ながら小幅に下振れ続落。また、本日は白金族のパラジウム・プラチナもそれぞれ値を落としマイナスサイドに反転した一方、銀は唯一プラス圏で推移し上昇しました。

2019/04/16週明け15日 海外貴金属相場

【15日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1291.30ドル(-3.90ドル)

銀:1497.50セント(+1.20セント)

パラジウム:1334.70ドル(-15.50ドル)

プラチナ:894.50ドル(-4.00ドル)

5g金・純金板買取価格

08/22

26,130

前日比買取価格-11円

歯科用K18買取価格

08/22

31,398

前日比買取価格-13円

トップに戻る