歯科用K18買取価格

歯科用K18買取価格

本日の歯科用K18買取価格

2017年10月12日

¥28,608

前日比買取価格+117円

  1. 2017年10月13日
  2. 2017年10月11日

相場情報

2017/10/1218:05現在の金・パラジウム・為替相場

18:05現在の金相場は1トロイオンス1298.50ドル、パラジウムは966.85ドル、為替は1$112円30銭前後の値動きで推移しております。

2017/10/12国内貴金属は揃って値を上げ堅調に推移↑金は3日続伸し、パラジウムは16年8ヵ月ぶりの高値を記録。

【金相場】11日のNY金相場は、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨の公表を午後に控えて警戒感が広がる中、利益確定の売りや持ち高調整の売りなどが出て、4営業日ぶりに反落。中心限月の12月限は1トロイオンス1288.90ドル(-4.90ドル)と、マイナス圏に沈下して取引きを終了。この日の金相場は、9月に開催された米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨の公表を控えて様子見姿勢が広がり、利益確定や持ち高調整を目的とした売りが優勢となり、序盤より小安く推移した。また、スペイン・カタルーニャ自治州の独立は困難との見方が広がり、リスク要因が減少したことで、安全逃避の金買いが縮小した事も材料となった。その後、売りが一巡すると安値を拾われたほか、様子見から下げ一服の展開となった。
清算値確定後に発表されたFOMC議事要旨では、追加利上げのカギとなるインフレ動向に関して意見が依然割れており、想定する「年内あと1回」に強い確信が得られていないことが示されたため、発表後に金は買い戻される展開となり上昇した。

国内の金相場は、引け後の時間外取引きで買い戻されたNY相場高を映して上伸。買取ベースでは1gあたり5,013円(+21円)と、3日続伸し、9月26日相場以来およそ2週間ぶりの高値に回復。また、同日ぶりに5,000円台に値戻す展開となりました。

《直近10日間の金相場価格推移(買取)》

10/12   5013円 (+21円)

10/11   4992円 (+7円)

10/10   4985円 (+49円)

10/06   4936円 (-22円)

10/04   4947円 (+6円)

10/03   4941円 (-9円)

10/02   4950円 (-37円)

09/29   4987円 (-3円)

09/28   4990円 (-5円)

直近10日間の金相場平均価格:4,970円/g


【パラジウム相場】 11日のNYパラジウム相場は、地政学リスクの後退や、米国株の高値更新、ドル安などが支援材料となり急伸。中心限月の12月限は1トロイオンス958.95ドル(+25.30ドル)と、3営業日続伸し、中心終値では16年ぶりの高値を記録した9月1日相場(977.10ドル)以来およそ5週間ぶりの高値に戻して取引を終了。この日のパラジウムは、買いが優った前日までの反動から序盤は利益確定売りに押され小安く推移した。その後、スペインのカタルーニャの独立宣言見送りなどで先行き懸念が後退したことなどから市場がリスクオンに傾斜。米国株が上昇し最高値を更新すると、パラジウムも連られる形で上昇に転じ一気に上げ幅を拡大した。また、ドルがユーロに対して軟調となった事も割安感を与え、取引中では一時962.00ドルまで値を伸ばし一段高での値動きとなった。
この日のプラチナ清算値は3.30ドル安の1トロイオンス933.20ドル(3日ぶりの反落)。10月11日時点でのNY白金と、NYパラジウムの逆鞘は25.75ドル(パラジウム高)と、価格差が拡大した。

国内のパラジウムは、急騰したNY相場高を受けて上げ幅を拡大。買取では1gあたり3,699円(+97円)と、3,700円圏内まで浮上し一段高へ。9月4日に付けた一代高値を上抜いて、2001年2月21日相場以来およそ16年8ヵ月ぶりの高値を記録しました。
パラジウムが価格水準を切り上げ一段高で推移していることから、プラチナとパラジウムの価格差が約16年ぶりに逆転。本日のプラチナ相場は1gあたり3,626円となっており、パラジウムとの差額は73円(パラジウム高)となっております。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

10/12   3626円 (+97円)

10/11   3602円 (+22円)

10/10   3580円 (-54円)

10/06   3634円 (+70円)

10/05   3564円 (+16円)

10/04   3548円 (+33円)

10/03   3515円 (-87円)

10/02   3602円 (+16円)

09/29   3586円 (+6円)

09/28   3580円 (+70円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:3,591円/g


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。12:25現在の金相場は1トロイオンス1297.55ドル、パラジウムは961.70ドル、為替は1$112円39銭前後の値動きで推移しております。

2017/10/12本日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取価格39,300円(+600円)、その他の12%金パラの買取り価格は39,100円(+600円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1,230円(+20円)と、本日地金の金が堅調に推移し3日続伸した事に加え、パラジウムが急伸し約16年8ヵ月ぶりの高値を記録した事から、12%金パラも上げ幅を拡大し一段高へ。9月4日に付けた一代高値を上抜き、過去最高値を記録しました。

現在、金やパラジウムの高騰を背景に、12%金パラも価格水準を切り上げ、過去高値圏での相場展開となっております。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

2017/10/12本日の地金価格-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金5,013円(+21円)、パラジウム3,699円(+97円)、銀66.10円(+0.22円)、プラチナ3,626円(+9円)と、国内貴金属は軒並み堅調地合いを維持し、それぞれ直近高値を更新。金は引け後の時間外でNY相場が買い戻された事を受けて、国内でもプラス圏で推移し3日上伸。節目の5,000円台にのせるなど、ここ最近の高値を抜いて9月26日相場以来およそ2週間ぶりの高値となったほか、銀も3日続伸し先月15日相場(約1ヵ月ぶり)の高値に回復。また、白金属のパラジウム・プラチナもそれぞれ値を伸ばし、パラジウムは一段高へ。9月4日に付けた一代高値を上抜いて、2001年2月21日相場以来およそ16年8ヵ月ぶりの高値を記録。プラチナは4連騰し前日同様9月26日ぶりの高値となりました。供給不足を背景にパラジウムが価格水準を切り上げている事から、プラチナとの価格差が16年ぶりに逆転。現在プラチナとの差額は73円(パラジウム高)となっております。

2017/10/1211日 海外貴金属相場

【11日】ニューヨーク貴金属相場(中心限月終値)

金:1288.90ドル(-4.90ドル)

銀:1713.30セント(-7.40セント)

パラジウム:958.95ドル(+25.30ドル)

プラチナ:ドル933.20ドル(-3.30ドル)

5g金・純金板買取価格

10/24

23,803

前日比買取価格+16円

歯科用K18買取価格

10/24

28,608

前日比買取価格+19円

トップに戻る