5g金・純金板 買取価格

5g金・純金板 買取価格

本日の5g金・純金板買取価格

2021年10月13日

¥33,264

前日比買取価格+160円

  1. 2021年10月14日
  2. 2021年10月12日

相場情報

2021/10/1316:50現在の金・パラジウム・為替相場

16:50現在の金相場は1トロイオンス1775.85ドル、パラジウム2075.55ドル、為替は1$113円59銭前後の値動きで推移しております。

2021/10/13国内貴金属はパラジウムを除いて堅調な展開に↑金は節目の7,000円台を突破し一段高へ。

【金相場】12日のNY金相場は、米国長期金利の低下や、インフレへの警戒感を背景に買われ4営業日ぶりに反発。中心限月の12月限は1トロイオンス1759.30ドル(+3.60ドル)と、小幅ながら値を上げて取引きを終了。この日の金相場は、時間外取引では売りが先行し安寄りした。しかし、米国の長期金利が低下すると相場は次第に買い戻しに反転。また、国際通貨基金(IMF)が12日公表した最新の世界経済見通し(WEO)が下方修正される結果となった事や、世界的なエネルギー価格急騰によるインフレ懸念を背景に、安全資産としての金需要が高まった事で買われ、相場は一時1770ドルまで値を伸ばす場面もあった。ただ、外国為替市場で対ユーロでのドル高の進行が重しとなり、相場の上値を抑える展開となった。

国内の金相場は、買い優勢となったNY相場や円安要因からプラス圏で推移し3日続伸。買取ベースでは1gあたり7,004円(+34円)と、節目の7,000円台を突破し、9月7日相場(7,027円)以来5週間ぶりの高値更新となりました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

10/13  7,004円 (+34円)

10/12  6,970円 (+53円)

10/11  6,917円 (+39円)

10/08  6,878円 (-19円)

10/07  6,897円 (+5円)

10/06  6,892円 (+12円)

10/05  6,880円 (+2円)

10/04  6,878円 (+22円)

10/01  6,856円 (+70円)

09/30  6,786円 (-5円)

10日間の金相場平均価格:6,896円/g



【パラジウム相場】12日のNYパラジウム相場は、ここ最近の急騰に対する利確売りや、IMFが公表あいた世界経済の見通しが低調な予想となった事で売られ4営業日ぶりに反落。中心限月の12月限は1トロイオンス2047.80ドル(-71.70ドル)と、この日はマイナス圏で取引きを終了。前3日間で+251.70ドル(+11.8%)と、急速に上げ幅を拡大し、前日11日には9月10日相場以来およそ1ヶ月ぶりの高値を更新するなど一段高となっていた事から、この日のパラジウムは時間外取引きより利益確定目的の売りに押され安寄りした。また、国際通貨基金(IMF)が12日改定した世界経済見通しで、新型コロナウイルスの感染再拡大による供給制約が響き、全体として成長に下振れリスクがあるとの懸念を表明。高インフレが長引く可能性にも警戒感を示し、2021年の実質成長率の見通しを5.9%と、前回7月の予測から0.1ポイント引き下げるなど下方修正された。これを受け、米国株式も下げに転じるなど市場ではリスク回避ムードが強まり、パラジウムも下押される展開となった。

国内のパラジウム相場は、利確売りに押されたNY相場を映し上値追いが一服。買取では1gあたり8,118円(-226円)と、4営業日ぶりに値を下げ、前日の約1ヶ月ぶり(9月10日相場)の高値から反落となりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

10/12  8,344円 (+66円)

10/11  8,278円 (+666円)

10/08  7,612円 (+242円)

10/07  7,370円 (-72円)

10/06  7,442円 (+83円)

10/05  7,359円 (-99円)

10/04  7,458円 (+11円)

10/01  7,447円 (+132円)

09/30  7,315円 (-116円)

09/29  7,431円 (-187円)

10日間のパラジウム相場平均価格:7,606円/g


11:00現在の金相場は1トロイオンス1768.90ドル、パラジウムは2049.65ドル、為替は1$113円40銭前後の値動きで推移しております。

2021/10/13本日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取価格79,700円(-1000円)、その他の12%金パラの買取価格79,500円(-1000円)、開封品の金パラジウム買取価格が2,012円(-30円)と、本日地金の金は3日続伸し約5週間ぶりの高値となるなど一段高となった一方、パラジウムが前日までの急騰から利確売りに押された事で、金パラも4営業日ぶりに反落。前日に付けた9月13日相場以来およそ1ヶ月ぶりの高値から値を下げ、上値追い一服となりました。

現在、貴金属は世界情勢や為替動向など様々な要因から価格変動が激しくなっており、金パラ相場も値動きが荒く乱高下する場合が御座います。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

2021/10/13本日の地金相場-金・パラジウム・銀・プラチナ価格

本日の地金は買取ベースで金7,004円(+34円)、パラジウム8,118円(-226円)、銀88.77円(+0.22円)、プラチナ3,959円(+16円)と、国内貴金属はパラジウムを除いて堅調に推移。金はプラス圏に転じたNY相場や為替要因から、国内でも値を上げ3日続伸。節目の7,000円台を突破し、9月7日相場(7,027円)以来5週間ぶりの高値更新となったほか、銀も3日続伸し前日同様に9月16日相場(約1ヵ月)ぶりの高値を更新。また、プラチナも本日はプラス圏での値動きとなり反発した一方、パラジウムは前日までの急騰に対する利確売りが出た事で、4営業日ぶりに反落し上値追い一服となりました。

2021/10/1312日 海外貴金属相場

【12日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1759.30ドル(+3.60ドル)

銀:2251.40セント(-15.10セント)

パラジウム:2047.80ドル(-71.70ドル)

プラチナ:1011.70ドル(+4.80ドル)

5g金・純金板買取価格

10/26

34,265

前日比買取価格+303円

歯科用K18買取価格

10/26

41,183

前日比買取価格+364円

トップに戻る