5g金・純金板 買取価格

5g金・純金板 買取価格

本日の5g金・純金板買取価格

2019年04月18日

¥23,355

前日比買取価格-48円

  1. 2019年04月19日
  2. 2019年04月17日

相場情報

2019/04/1818:10現在の金・パラジウム・為替相場

18:10現在の金相場は1トロイオンス1280.35ドル、パラジウムは1372.70ドル、為替は1$111円86銭前後の値動きで推移しております。

2019/04/18国内貴金属はまちまち↑↓金は引き続きマイナス圏で推移した一方、パラジウムは急反発し2週間ぶりの高値圏へ。

【金相場】17日のNY金相場は、売り買いが交錯する中、小幅ながら値を下げ3日続落。中心限月の6月限は1トロイオンス1276.80ドル(-0.40ドル)と、横ばい圏ながらマイナスサイドで取引きを終了。中国国家統計局が17日発表した、1-3月期の国内総生産(GDP)は前年同期比6.4%増加し、成長率も上回るなど良好な結果となった。これら堅調な中国指標を受け、投資家心理が改善。リスク選好意欲が強まる中で、逃避目的としての金買い需要は後退し相場を圧迫された。ただ、売り一巡後は買い戻しも入って、午後は前日終値近辺で推移した。

国内の金相場は、リスクオン地合いからNY相場が小幅安に振れた事を映して5日続落。買取ベースでは1gあたり4,918円(-11円)と、値を下げマイナス圏での値動きとなりました。

《直近10日間の金相場価格推移(買取)》

04/18  4918円 (-11円)

04/17  4929円 (-36円)

04/16  4965円 (-5円)

04/15  4970円 (-2円)

04/12  4972円 (-33円)

04/11  5005円 (+4円)

04/10  5001円 (+9円)

04/09  4992円 (+17円)

04/08  4975円 (-1円)

04/05  4976円 (+14円)

直近10日間の金相場平均価格:4,970円/g


【パラジウム相場】17日のNYパラジウム相場は、中国景気の底入れ期待感やテクニカル要因から買いが広がり急騰。中心限月の6月限は1トロイオンス1378.60ドル(+50.20ドル)と、3営業日ぶりに大幅反発し、2日相場以来およそ2週間ぶりの高値で取引きを終了。この日発表された中国の国内総生産(GDP)が予想以上に堅調となった事を受け、株高などリスク選好地合いが進む中、パラジウムにも買いが入り序盤より小高く推移した。また、このところの下げに対する反動や、テクニカルな買いも入って上げ幅を拡大。相場は一時1383ドル超まで値を伸ばすなど、この日は買い一辺倒の展開となった。

国内のパラジウムは、大幅高となったNY相場を映して急騰。買取では1gあたり5,384円(+162円)と、3営業日ぶりに大幅反発し、4日相場(約2週間)ぶりの高値に値戻しました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

04/18  5384円 (+162円)

04/17  5222円 (-32円)

04/16  5254円 (-33円)

04/15  5287円 (+22円)

04/12  5264円 (-43円)

04/11  5308円 (+21円)

04/10  5287円 (-21円)

04/09  5308円 (+21円)

04/08  5287円 (±0円)

04/05  5287円 (-108円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:5,289円/g


12:00現在の金相場は1トロイオンス1275.85ドル、パラジウムは1376.90ドル、為替は1$111円98銭前後の値動きで推移しております。

2019/04/18本日の金パラ価格相場

GC キャストウェル M.C.の買取価格50,200円(+1,100円)、その他の12%金パラの買取り価格は50,000円(+1,100円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1166円(+30円)と、本日地金の金はマイナス圏で推移したものの、パラジウムが大きく上昇し急反発した事から、金パラも3営業日ぶりに値を上げ50,000円台に乗せるなど急騰。このところの価格水準から切り返し、3月27日相場(約3週間)ぶりの高値に値戻しました。

現在、日相場の価格変動が激しくなっており、場合によっては乱高下する事も御座いますので、ご売却検討の方はリスクを極力回避して安全にご売却下さい。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

2019/04/18本日の地金相場-金・パラジウム・銀・プラチナ価格

本日の地金は買取ベースで金4,918円(-11円)、パラジウム5,384円(+162円)、銀57.24円(-0.22円)、プラチナ3,429円(+32円)と、国内貴金属はまちまちの展開に。金はリスク選好意欲の高まりからNY相場が軟調となった事を映して、国内でもマイナス圏で推移し4日続落。また、銀も値を下げ反落した一方、白金族のパラジウム・プラチナはそれぞれプラス圏で推移し反発。パラジウムはテクニカル要因からNY相場が急騰したことを映して、国内でも3営業日ぶりに大幅高となり反発。4日相場(約2週間)ぶりの高値に回復したほか、プラチナも3営業日ぶりにプラス圏での値動きとなりました。

2019/04/1817日 海外貴金属相場

【17日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1276.80ドル(-0.40ドル)

銀:1493.90セント(+2.40セント)

パラジウム:1378.60ドル(+50.20ドル)

プラチナ:891.30ドル(+7.10ドル)

5g金・純金板買取価格

12/13

26,708

前日比買取価格+17円

歯科用K18買取価格

12/13

32,092

前日比買取価格+20円

トップに戻る